ワンルーム風の戸建がちょうどいい|開放的でシンプルな暮らし

新築一戸建ては、賃貸住宅と比べると広めの間取りが確保できるのが魅力ですね。家族それぞれに部屋を割り当てて、パントリーやウォークインクローゼットを作って…と、部屋を細かく分ける間取りでプランするのが一般的でしょう。しかし、最近ではワンルームのように大空間を確保するプランが人気を集めています。広々とした空間はとても居心地が良いので、ぜひ参考にしてみてください。

■ ワンルーム風の戸建が注目

木造の戸建

ライフスタイルが多様化したことにより、住宅に暮らすメンバーも夫婦二人のみ、兄弟姉妹のみ、友人同士など、さまざまなパターンが見られるようになりました。子供部屋が必要でなくなるため、今までよりもコンパクトな間取りでも十分なケースも多いです。

ここでは、最近注目を集めているワンルーム風の戸建てについてまとめていきます。広々とした空間を目いっぱい使ったプランにしたいという方は、ぜひチェックしてみましょう。

 

■ ワンルーム風の戸建の魅力

ワンルーム風の間取りには、今までの住宅とは一味違った魅力がたくさんあります。ライフスタイルに合わせた暮らし方を探ってみましょう。

 

仕切りがなく開放的

開放感のある大きな窓のリビング

個室を区切る壁を取り払うと、広々とした大空間が確保できます。リビング、ダイニング、キッチンをひとまとまりにしたLDKのプランはかなり一般的になってきましたが、さらにそれぞれの扉も無くすことで、よりオープンな空間にできますよ。写真の実例では、ソファやTVボードといったインテリア家具で空間を仕切ることにより、視線が部屋の奥まで抜けて解放感が生まれますね。

また、写真のように天井も取り払い、あえて構造材をそのまま見せる手法もおすすめです。天井を張らないことで高さが確保できるので、圧迫感も軽減されるでしょう。

 

広くない住宅にもおすすめ

高い窓のあるリビング

ワンルームのような間取りは、それほど広くないスペースで家を建てる場合には特におすすめです。部屋同士の仕切りを無くすことで空間を効率よく使えて、コストパフォーマンスの高い住まいに仕上がりますよ。とくに都心部では土地の価格が高止まりになっていて、広い土地はなかなか手に入りにくいのが現状ですよね。そういったコンパクトな土地でも、ワンルームタイプの間取りなら最大限広く使えます。

写真のように2階まで吹き抜けている間取りだと、2階に当たる部分が部屋にできなくてもったいないのでは?と思われてしまいがちです。しかし、天井を高くすることで広々とした解放感が生まれるので、逆に作ってよかったという声はよく聞かれます。リビングなどの居室以外でも、玄関ホールなどの狭い空間で吹き抜けを作るパターンもあるので、ぜひプロに相談してみましょう。

 

コストダウンできる場合も

ワンルーム風の間取りにすると、トータルの建築コストが下げられる場合があります。まず、壁や扉といった部材がいらないので、下地材や仕上げ材、構造材などをカットすることができるのです。間取りにもよりますが、中には2割程度の予算を削れたケースもあります。

さらに無駄を省くのであれば、キッチンの食器棚やクローゼットといった大型家具を建物と一緒に造作する方法もおすすめですよ。扉を無くしてオープンな収納にしたり、部品を同じ大きさに揃えて大量に仕入れたりすることで大幅なコストカットができるでしょう。新築やリフォームでは対応できる場合が多いので、ぜひ建築家や営業担当に確認してみるのをおすすめします。

 

■ ワンルーム風にする際の注意点

広々と開放的な魅力がいっぱいのワンルーム風の家ですが、注意点もあります。暮らし始める前に、ぜひイメージしておきましょう。

 

家族のプライベート空間を確保する

ワンルーム風で壁や仕切りの無い間取りにすると、家族のプライバシーが守りづらくなります。家族と一緒に過ごす時間はもちろん大切ですが、時には一人でゆっくり過ごしたいときもありますよね。そのため、場合に応じてプライベート空間を確保できるようにしておくのがおすすめです。

リビングやホールといったスペースは開けたプランにする一方で、寝室や書斎はコンパクトに区切るなどの工夫をすれば、限られたスペースを有効に使えますね。子供部屋など使う期間が短い部屋は、間仕切り家具を使って一時的に区切るのもよいでしょう。

 

窓を大きめにする

自然光たっぷりの木のリビング

コンパクトな敷地にワンルーム風の家を建てるなら、窓を大きめにすると部屋が広く見えます。部屋自体は狭くても、外の景色が見えると視界が開けますよね。

写真のように、すべて連続した窓にすると太陽の光もたっぷりと入り、明るい住まいになりますよ。同じ大きさの窓で揃えれば、デザイン的に統一感が出てきます。また、それだけではなく大量に仕入れることでコストダウンになったり、施工がしやすくなったりするメリットもあります。

 

■ まとめ

ライフスタイルがさまざまになっている今だからこそ、柔軟な暮らし方が求められています。部屋を細かく区切らずに大空間として使うワンルーム風の間取りは、住む人によって自由な使い方ができますね。広い空間でヨガをしたり、パソコンを持ち込んで好きなスペースで仕事をしたりと、シーンに寄り添った使い方ができるでしょう。

多くのハウスメーカーではまだまだ一般的な間取りが多いですが、工務店や建築事務所ならオーダーメイドの希望に寄り添ったプランを立てることが可能です。とくに、地元密着型の建築会社ならアットホームに要望を聞いてくれますよ。これから新築やリフォームをお考えの方は、ぜひ気軽に相談してみましょう。

 

かしの木建設にお任せください

東京・千葉でおしゃれな注文住宅を建てるなら、建築家とのコラボを得意とするかしの木建設にぜひご相談ください。施工店の立場でお客様のご要望をお伺いして、ご希望のテイストを得意とする建築家をご紹介できるのが私たちの特徴です。

 

ご相談から設計、施工から保証・アフターフォローまでトータルサポートいたしますので、一般的な注文住宅と変わらない手間でデザイナーズハウスを建てられます。デザイン、暮らしやすさにこだわったオリジナルハウスは、ぜひお気軽にご相談ください。

【建築家一覧】

【施工事例一覧】