回遊できる間取りのメリット|生活動線をスムーズに

ぐるぐると部屋の周りを回遊できる間取りは、おしゃれで使い勝手も良く人気のプランです。美術館や施設でよく見られる配置のパターンですが、住宅で取り入れることも可能ですよ。

回遊性の高い間取りについてよく分からないという方は、ぜひチェックしてみてください。

 

■ 回遊性が高いと生活が便利に

シーリングファンのある傾斜天井

回遊性の高い間取りとは、通路が行き止まりになってしまう間取りではなく、部屋間を1本の直線で繋ぐようにして回遊できる間取りのことを指します。

通常の間取りと比べると通行するためのスペースが余分に必要になってしまうので、建築面積の広い家でないと無理というイメージがあるのではないでしょうか?

しかし、限られたスペースでも回遊性の高い間取りにすることは可能です。回遊性を高くすることで生活スタイルを快適にしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

 

■ 回遊性の高い間取りのメリット

ここでは、回遊性の高い間取りの一般的なメリットを紹介していきます。広い家でしか回遊性の高い配置は無理なイメージがありますが、じつは狭い家にこそおすすめしたい点がたくさんあります。

これから新築やリフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

水回りの使い勝手が良くなる

洗面脱衣室

回遊性の高い間取りは、水まわりとの相性が良いのが特徴です。水まわり関連の部屋は、その目的がはっきりと決まっているものです。たとえば、洗面脱衣室、浴室、ウォークインクローゼットは、服を脱ぐ→お風呂に入る→衣服を身に着けるといった一連の動作の流れがありますよね。

こういった生活の流れをスムーズに行えるように部屋を配置すると、回遊性が高く使い勝手の良い間取りになりますよ。限られたスペースの敷地面積だからこそ、使用する生活シーンが近い部屋同士を繋げて便利にしてみましょう。

 

遊び心が生まれる

窓の大きなリビング

部屋間を回遊できる間取りはぐるぐると行き来ができるので、楽しいと感じる人が多いようです。部屋の動線を自分の好きなルートで使えて、使い方の自由度が高くなりますよね。行き止まりになることがないので、空間の奥まで見渡すことができて開放感も生まれます。

同じ面積の家でも、回遊性を高くすれば家に広がりを持たせられますよ。壁で仕切らずに通路スペースで空間を区切るため、家族の気配を常に感じられるのもメリットでしょう。

また、部屋間を行ったり来たりするといった余計な動作がなくなるので、掃除の手間も掛かりにくくなりますよ。仕事や育児で部屋の掃除まで手が回らないという方には、とくにおすすめとなっています。

 

■ 回遊できる間取り計画のポイント

一口に回遊できる間取りと言っても、単純に壁や仕切りを無くしてしまえばいいというものではありません。

まずおすすめしたいのが、洗面脱衣室やトイレ、浴室といった設備系の部屋を家の中心に配置するプランです。その周りにリビングやダイニング、子ども部屋などの居室を配置することで、それぞれの居室から水まわりへのアクセスが簡単になりますよ。

ここでは、生活スタイルに合わせた回遊性の高い間取りのパターンを紹介していきます。どちらのパターンが向いているか考えてみると楽しいですよ。

 

家事の手順に合わせた配置にする

大空間のLDK

家事動線の動きに合わせた配置にすることで、毎日の生活で感じるストレスを軽減することが可能ですよ。たとえば、玄関から帰ってきてキッチンに直接アクセスできるようにしておくと、買ってきた食料品をすぐに冷蔵庫に仕舞うことができますね。

また、キッチン、洗面所、サンルームを一直線に繋げておけば、料理をしているちょっとした空き時間に洗濯や乾燥ができて便利です。

小さな子どもがいる家庭なら、勝手口と浴室を繋げるプランもおすすめです。外で泥まみれになって帰ってきても、すぐに服を洗ってお風呂に入ることができますよ。

 

家族のコミュニケーションを取りやすい配置もおすすめ

シーリングファンのある傾斜天井

最近では玄関から子ども部屋や書斎に直接アクセスがしやすい間取りも多く、家族と顔を合わせずに自室にこもるのが問題となってしまうケースも多いです。そのため、家族のコミュニケーションが自然に取れる間取りにしておくのが人気です。

両親の寝室と子供部屋の間を自由に行き来できるようにしておけば、安心して遊ばせることができますよ。ただし、子供が大きくなってくるとプライバシーが確保できなくなってしまうので、適宜間仕切り家具等で区切れるようにしておくと安心ですね。

また、階段や吹き抜けといったタテの動線を中央に持ってくるプランもおすすめです。階段の場合は家族の行き来する気配が感じられるので、それぞれ別のことをしていても安心感がありますね。こちらは上下に光が抜けるので、家全体が明るい雰囲気になって素敵ですよ。

 

■ まとめ

開放的な住宅

回遊性の高い間取りは、ぐるぐると部屋の間を行き来することができて利便性が高く人気となっています。しかし、敷地面積に広いスペースがないとできないのでは?というイメージがありますよね。

こちらの記事で紹介したように、水まわりや階段といった空間を部屋の中心に持ってくれば、スペースが少なくても回遊性の高い間取りが作れるでしょう。

水まわりを中心に持ってくれば、洗面から入浴、着替えなどの一連の動作をスムーズに行えますよね。これから新築やリフォームをお考えの方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 

かしの木建設にお任せください

東京・千葉でおしゃれな注文住宅を建てるなら、建築家とのコラボを得意とするかしの木建設にぜひご相談ください。施工店の立場でお客様のご要望をお伺いして、ご希望のテイストを得意とする建築家をご紹介できるのが私たちの特徴です。

 

ご相談から設計、施工から保証・アフターフォローまでトータルサポートいたしますので、一般的な注文住宅と変わらない手間でデザイナーズハウスを建てられます。デザイン、暮らしやすさにこだわったオリジナルハウスは、ぜひお気軽にご相談ください。

【建築家一覧】

【施工事例一覧】