諦めないこだわりの家づくり|建築家とつくる家

高い勾配天井

これから家を建てようと考えた場合、こだわりたいところはどこでしょうか?外観ですか?内装ですか?間取りでしょうか?
まずは、どんな暮らしをしたいのか、考えることから始めましょう。すると、こだわりたいところが見えてきますよ。

今回は、暮らし方、デザイン性にこだわった家の施工事例とともに、家づくりのこだわりポイントをお伝えします。
家族みんなが満足のいく、暮らしやすい家を建てましょう。


Column POINT

  • こだわりの家の施工事例が多く見られます。
  • こだりの家を建てるためのポイントが分かります。
  • こだわりの家を建てるなら、建築家とつくる家がおすすめです。

【施工事例一覧】


目次
■こだわりの家を建てる
■厳選!こだわりの家の施工事例紹介
■こだわりの家を建てるためのポイント
■まとめ*こだわりの家は建築家と相談して建てよう


■こだわりの家を建てる

これから家を建てようと考えているなら、家のどの部分にこだわりたいたいですか?多くの女性であれば、家事動線であったり、水回り部分であったり、生活をどう快適に過ごすかに重点を置いていることが多いです。

一方で男性目線で考えると、趣味や書斎スペースがほしいなど、ご自身がくつろぐことを中心とした場所を考えている場合が多いです。

それぞれ、こだわりたい部分が異なるため、好きなところを好きなようにといきたいところですが、家全体のテイストで考えると、統一性がなく、少しごちゃごちゃとした印象を受ける家になりかねません。

こだわりの家【施工事例一覧】はコチラ

■厳選!こだわりの家の施工事例紹介

リビングにこだわりが感じられることが多いですが、リビングを含め、和室、キッチン、庭、外観とオリジナリティあふれるデザイン性の高いものを厳選してお伝えします。
お家の中でも、特にこだわりが感じられる部分をご紹介しています。いずれのお家もご紹介した部分だけでなく、他の部分もぜひご覧いただけるようにしていますので、併せて見てくださいね。

 

吹き抜けと優しい雰囲気のあるリビング

吹き抜けのリビング

吹き抜けは、最近人気のある間取りですが、壁など空間を支える部分が、無垢の木が使われ、なおかつ色味がクリーム系の色をして、他にはないオリジナリティが感じられます。

詳しい家づくりはコチラ

 

壁の木の使い方が印象的なリビング

オリジナリティの高い注文住宅の内装

あえて色味が異なる木を使うことによって、デザイン性の高さが感じられます。

詳しい家づくりはコチラ

 

絶景を眺めるリビング

落ち着いたナチュラルテイストの内装

こちらのお家は少し高台に建てられています。ソファに座って眺める、絶景は、こちらのお家ならでは特権です。

詳しい家づくりはコチラ

 

圧巻!まさに木の家!とうなる家

効率的な間取りのLDK

ありとあらゆるところが、木で構成されています。実は間取りにも強いこだわりがあり、いかに効率よく動けるか、計算されつくしています。

詳しい家づくりはコチラ

 

和室とひと続きの広々リビング

和モダンのLDK

和室部分も設けられていますが、バリアフリーのように段差なくリビングと繋がっています。和室まで見えると、ぐっと奥行きが広がり、より一層広々としています。和モダンリビングでセンスのよさが感じられます。

詳しい家づくりはコチラ

 

カウンターキッチン✖️和

木が惜しみなく使われた、ダイニングキッチンです。色味と木の雰囲気から「和」の要素が感じられますが、「洋」の部分であるカウンターキッチンと見事に調和してし、オリジナリティの高さが伺えます。

詳しい家づくりはコチラ

 

天井が印象的な和室

目に一番に入るのが、天井の梁の部分ですね。模様のように、あしらわれ、斬新さがあり、デザイン性の高い和室が完成しています。

詳しい家づくりはコチラ

 

中庭を四方で囲む旅館のような家

庭を愛でることを大切にしていることが伺えます。四方、どこからでも中庭が見えるようにつくられています。まさに高級旅館の廊下を歩いていると見える風景のようです。

詳しい家づくりはコチラ

 

ソトとナカのつながりを強く感じる家

家が広く感じられる、家の中にいながら、外を感じられるテラスが人気が高まっていますが、テラスっぽさがなく、まさに中も外もひと続きに調和しています。

詳しい家づくりはコチラ

 

かっこよさが感じられる外観の家

おしゃれな一軒家の外観

ブラックの壁が印象的です。さらに勾配屋根も組み合わさり、無骨さ、男性的な強さが感じられます。

詳しい家づくりはコチラ

 

スタイリッシュな形の白いお家

設計事務所の注文住宅

一見ボックス型のように見えますが、屋根の部分に丸みを帯びていたり、他とは”ちょっと違う”センスのよさが感じられます。

詳しい家づくりはコチラ

 

屋根が特徴的でシックな雰囲気のお家

形だけでなく、外観の色も目に映えるお家です。薪ストーブ用の薪ですが、芸術家が暮らしているような感じがしますね。

詳しい家づくりはコチラ

 

 

■こだわりの家を建てるポイント

すごい!素敵だな!と感じられるお家の施工事例を先にご覧いただきました。
こだわりの家を建てるなら、どういったところにポイントを置くとよいのか考えてみましょう。

 

テイストを決める

いずれのお家も、それぞれテイストが統一されています。まずは「和」を基調としたいのか、「洋」を基調としたいのかは決めておきましょう。

もちろん「和」✖️「洋」もありますが、どちらに重心をおきたいのかははっきりとさせましょう。

 

どんな生活がしたいか考える

家は建てることだけが目的ではありません。建てた家で「暮らす」ことを考えておかないと、イメージしていたものと違う、とか、もっとこうしたかったのに、と後悔・失敗を感じることになります。

ご紹介したお家も、家事の動線、絶景を眺める、庭との行き来をしやすくしたいなど考えた上で、デザインも加えた家づくりをしています。

 

ご家族の意見をまとめる

家族だんらんを大切にしたい、家事を快適にできるようにしたい、趣味を満喫できるようにしたいなど、女性目線、男性目線で家づくりに求めるものが異なります。

もっとも理想とするご家族全員が納得する形でなければ、家づくりに支障がでてしまいます。話し合いの際には、口論になることもあるでしょうが、前向きにとらえ、意見をまとめてほしいと思います。

 

家づくりは建築家に相談する

注文住宅をする場合、ハウスメーカーをはじめ、工務店、設計士がいますが、もっともデザイン性が高い家づくりを求めるなら、建築家に相談するのがベストです。

テレビで見るような匠の家、デザイン性が高い家を建てているのは建築家ですね。

憧れの家、憧れられる家を建てたいと考えたら、建築家を探しましょう。

 

ですが、設計事務所にいる建築家に相談することが、とても敷居が高いように感じられますね。実は、工務店にも建築家がいます。”探せばいる”のです。

 

■まとめ*こだわりの家は建築家と相談して建てよう

暮らしも含めた家づくりをしつつ、おしゃれでデザイン性の高い家を建てるなら、”建築家とつくる家”がピッタリです。
お伝えしたポイントを念頭におきつつ、ご家族で話し合いをすすめ、建築家にご相談ください。きっと施工例のようなお家を建てることができるでしょう。

 

かしの木建設にご相談ください

建築家とのコラボを得意とし、東京・千葉でおしゃれな注文住宅の受注を承っています。展開しています。

施工店の立場でお客様のご要望をお伺いして、ご希望のテイストを得意とする建築家をご紹介できるのが私たちの特徴です。

 

ご相談から設計、施工から保証・アフターフォローまでトータルサポートいたしますので、一般的な注文住宅と変わらない手間でデザイナーズハウスを建てられます。デザイン、暮らしやすさにこだわったオリジナルハウスは、ぜひお気軽にご相談ください

 

【建築家一覧】

【施工事例一覧】