お隣の家と被らない外観デザインの作り方|建築家がつくった注文住宅実例

オリジナリティの高い注文住宅外観

はじめてのマイホームづくりでは、間取りづくりに加えて内装・外観のデザイン選びも難しいポイントです。特に外観は誰からも見える部分ですし、近隣とのデザイン被りやバランスなども気になるところ。

そこで今回は、お隣の家と被らないオリジナリティのある外観デザインの作り方を解説します。建築家が設計したおしゃれな注文住宅の写真を見ながら、理想の外観づくりを学んでみましょう。

 


目次
■家の満足度に直結する外観デザイン
■建築家がつくった注文住宅の外観実例
■外観デザインに大きく影響するポイント
■家の外観トレンドはあくまで参考に


 

■家の満足度に直結する外観デザイン

ビルトインガレージのある新築外観デザイン

マイホームづくりでは内装の間取りやデザイン作りが重要なのは言うまでもありません。しかし誰からも見える表の顔となる外観のデザインも、満足度に直結するためしっかりこだわるべきです。

特に近隣住宅との距離が近い日本の家は、お隣とのデザイン被りも気になるところ。せっかくデザインの自由度が高い注文住宅を建てるなら、オリジナリティのある素敵な外観に仕上げたいものです。

とはいえ奇抜すぎる外観デザインで、街並みにマッチしないのも問題です。地域にマッチしつつ、さりげない主張のバランスが取れた素敵な外観デザインを目指しましょう。

 

■建築家がつくった注文住宅の外観実例

さっそく、建築家のデザインアイデアがたくさん詰まった素敵な注文住宅の写真を見ていきましょう。詳細ページには内装や間取りの写真もご用意していますので、気に入ったお住まいはそちらもチェックしてみて下さい。

 

実例①

大きな屋根の平屋住宅

シンプルになりがちな平屋の外観を、大きく印象的な屋根でスタイリッシュに見せるデザインです。屋根を支える柱も素材や形状にこだわり、ジャマな印象のないおしゃれなアクセントとして活用。

 

屋根形状を活かしたテラス

大きな屋根と建物の切り欠きを利用して、オープンテラスも設置。わざわざ屋根をかけるコストを節約し、見た目もスッキリ仕上がっています。

 

詳細⇒E様邸(設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE(株))

 

実例②

モダンテイストの平屋外観

写真家 中山保寛

外壁、フェンスやコンクリート塀、植栽にいたるまで、外からの見え方を細かく計算したオリジナリティあふれる外観デザインです。

 

片流れ屋根を組み合わせたスタイリッシュな外観

写真家 中山保寛

片流れ屋根を複数組み合わせ、正面から見たときにフラットに見せることで、スタイリッシュなイメージに。

 

庇にもなる玄関ポーチ

写真家 中山保寛

玄関ポーチは奥行きを伸ばし、正面のデザインバランスもとっています。リビング窓の庇にもなり、日照をコントロールする役割も。

 

余計な装飾の無いシンプルモダンの外観

写真家 中山保寛

大きな庭に面した南側も、余計な装飾を省いた上品な仕上がりです。

 

リビングとフラットにつながるテラス

写真家 中山保寛

リビングとフラットにつながるテラススペースなど、デザインと機能性を両立させることで、ムダなくセンスの良いイメージを生み出しています。

 

詳細⇒H様邸(設計:奥野公章建築設計室 写真:中山保寛)

 

 

実例③

2つの建物をつないだユニークな外観

ユニークなシルエットのLDKと、シンプルなボックス状の2つの建物をつないだ外観です。

 

シンプルな真四角の玄関シルエット

玄関がある正面側は真四角のシンプルな箱のようなデザインで、街並みにマッチして落ち着きのある外観。

 

全面窓に囲まれた注文住宅外観

高いコンクリート土台と全面窓に囲まれたLDK部分は、秘密基地のようなワクワクするデザインです。1つの住まいで2つのデザインを楽しめる、建築家ならではのユニークなアイデアですね。

 

詳細⇒I様邸(設計:(株)アトリエワン)

 

 

実例④

シンプルなモダン外観

複数のキューブを組み合わせたような、モダンテイストの外観です。一見インパクトのあるデザインですが、ベージュ基調でシンプルなデザインなので長く暮らしても飽きにくいのが特徴。

強いアクセントカラーや装飾は使わず、窓の配置やシルエットのみでおしゃれな印象をつくっています。

 

詳細⇒M様邸(設計:ブリックス建築設計)

 

 

実例⑤

アール屋根のモダンな二階建て外観

色使い、シルエットともにシンプルなお住まいですが、アール形状の屋根や窓の配置で遊び心のある外観に仕上がっています。

 

窓の配置がおしゃれな新築外観

バランス良く配置したスクエア窓やスリット窓は、外観に豊かな表情を与えてくれます。二世帯分の玄関ドアを一体化し、外観全体でまとまった印象になりました。

 

詳細⇒I様邸(設計:中村康造建築設計室 )

 

 

実例⑥

コの字状の中庭がある平屋外観

片流れ屋根をコの字に配置した、スタイリッシュなイメージの平屋住宅です。中庭のようなスペースを庭木が程よく目隠しし、プライバシーも保護しています。

 

片流れ屋根のスタイリッシュな玄関回り

ダークグレーに統一しつつ縦スリットの外壁で立体感を与え、単色ながら遊び心のあるデザインになりました。

 

詳細⇒H様邸(設計:松原正明建築設計室)

 

 

実例⑦

ナチュラルテイストで統一した二階建ての外観

シンプルなナチュラルテイストの外観も、細かな工夫でより魅力的に仕上げることができます。玄関の目隠しやフェンス、雨戸を板張りで統一し、全体的な高級感を与えています。

 

外構までトータルコーディネートした注文住宅

西玄関はあえて窓を減らし、余計なモノのないスッキリした印象に。土間アプローチやシンボルツリーの配置で、コンパクトながら箱庭のような楽しみ方もできます。

 

詳細⇒N様邸(設計:松原正明建築設計室)

 

■外観デザインに大きく影響するポイント

 

・屋根形状

3つの切り妻屋根を重ねた一戸建て

外壁のシルエットが同じでも、屋根の形状が変わるだけで外観全体のイメージもかなり変化します。片流れ屋根でスタイリッシュにしたり、切り妻で可愛らしいイメージをプラスしたり、屋根でイメージを調整することができるのです。同じ屋根の形状でも勾配が違うだけで見え方が変わるケースも。

 

・窓の形

縦スリット窓を使った新築外観

一軒家の外観を構成する要素としては、窓の形や配置も重要です。1つの大きな窓を2つ・3つに分割するだけでも、かなり外観のイメージが変わってきます。

縦長・横長・スクエアなど窓の形選びも大切です。スタイリッシュなイメージなら縦スリット窓、広く見せるなら横長窓など、目指すイメージに合わせて選んでみましょう。

 

・外構

和風で統一した外構

外壁や屋根など建物自体のデザインに加えて、玄関アプローチや門塀など外構部分も大きく影響する部分です。建物と外構をトータルコーディネートすると、外観全体をグッと魅力的に見せることができます。

モダンテイストの建物ならコンクリートで直線的にまとめ、和風やナチュラルテイストなら石材や庭石を使うなど、一つのテイストで統一してみてください。

 

■家の外観トレンドはあくまで参考に

シンプルな平屋の外観と外構

世の中のさまざまな製品にはデザインのトレンドがありますが、長く暮らすマイホームの外観は流行を気にしすぎない方が良いでしょう。例えば自動車や家電製品はデザイントレンドの影響が強く、数年もすると過去のモデルが古臭く見えてしまいますよね。住宅の外観も同じように、周りで流行っているカラーやデザインをマネしすぎると、すぐに古いイメージになってしまいます。

一軒家の外観は長く暮らすことを前提に、昔からある定番デザインをベースにアレンジするのがおすすめです。和風・モダン・海外デザインなど、100年以上前からあるテイストなら、すぐに古くなってしまうことはありません。

生まれたばかりのトレンドをマネするのではなく、長い年月で磨かれ、残ってきたデザインを上手に採り入れましょう。

 

■まとめ:世界に一つだけの外観デザインで理想の暮らしを

住まいのイメージを決める外観デザインは、満足度や毎日の気分に大きく影響する大切な要素。せっかく注文住宅を建てるのなら、しっかりこだわって世界に一つだけの外観デザインに仕上げてみましょう。

オリジナリティのある住宅デザインを目指すなら、ぜひ建築家との家づくりを検討してみてください。トレンドに流されないオリジナル外観は、長く暮らしても飽きることなく毎日の生活をワクワクさせてくれます。

建築家探しや打ち合わせの手間が心配な方は、ぜひ私たちかしの木建設にご相談ください。施工店としてたくさんの建築家とコラボしてきた実績を活かし、お客様の好みに合わせたピッタリのプロフェッショナルをご紹介いたします。私たちが窓口となり打ち合わせから施工、アフターフォローまでトータルサポートしますので、一般的な注文住宅と同じ手順で家を建てられます。

 

【建築家一覧】

【家づくりの進め方】

 

【施工事例一覧】