建築家のおしゃれな間取りアイデア集|素敵な家づくりの考え方

建築家が設計した落ち着きのあるLDK

マイホームを建てるならおしゃれに仕上げたいのは当たり前ですが、いざ取り組んでみると、どんな間取りが良いのかはなかなか分からないものです。

そこで今回は、建築家が設計したおしゃれな間取りアイデアをたくさん集めました。おしゃれなオリジナルデザインや暮らしやすい動線設計など、ぜひマイホームづくりの参考にしてみてください。

 


目次
■間取りづくりは良質なインプットが大切
■建築家のおしゃれな間取りアイデア集
■素敵な間取りの考え方


 

■間取りづくりは良質なインプットが大切

建築家が設計したおしゃれなリビング

住宅産業と関係ない一般の方がいきなり間取りを考えるのは難しいですから、まずはおしゃれな間取りをたくさん見ることから始めましょう。洋服やインテリア選びと同じようにまずは良い例をたくさん見て蓄積すると、だんだん自分の好みが分かってきます。

情報の分母が大きくなるほど好みのデザインや間取りを見つけやすくなりますし、どんな間取りがおしゃれなのか見えてきます。逆に情報量が少ないと、ハウスメーカーや工務店が出してきたプランがおしゃれなのか判断することができません。

勉強だと思うと大変ですから、空き時間や気分転換にパラパラと写真を見ていくだけでもOKです。目を引く間取りデザインがあったら、深く考えずブックマークや付箋してみてください。

 

■建築家のおしゃれな間取りアイデア集

さっそく実際の注文住宅の中からピックアップした、おしゃれな間取りアイデアを見ていきましょう。それぞれの詳細ページには住まい全体の写真も用意していますので、気になる物件はぜひチェックしてみてください。

 

・開放的なLDK

天井の高い開放的なLDK

平屋の高い屋根形状を活かした、一般住宅とは思えない開放的なLDK空間です。間仕切りのないシンプルなお部屋ですが、キッチンの隣にテレビボードを配置することで生活感を上手に隠しました。左右どちらからでも出入りできる回遊性も備え、おしゃれなだけでなく使いやすいキッチンになっています。

 

左右の大きな窓に挟まれたLDK

左右の大きな窓も、たっぷりの自然光と大きな開放感をもたらしてくれます。二階の荷重がない平屋の特徴を活かしたデザインです。

 

【詳細ページ】⇒E様邸(設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE(株))

 

・リビング階段

リビングの螺旋階段

本来は通路である階段をリビングに配置し、おしゃれなアクセントとして活用した間取りです。スケルトン構造の螺旋階段にすることで、コンパクトかつ圧迫感なく仕上がりました。

 

螺旋階段のあるおしゃれなLDK

ソファから階段が見えないようにして、視界をスッキリ調整しているのも細かいこだわりポイント。

 

【詳細ページ】⇒M様邸(設計:ブリックス建築設計)

 

 

・畳の小上がり

和モダンテイストの畳小上がり

あえてフロアから一段高い場所に設けた、畳の小上がりリビングです。落ち着きのある和テイストをベースにしながら、ヘリなし畳でモダンに仕上げ、古くさいイメージを感じさせないおしゃれな間取りです。床下を収納にできるのも、小上がりのメリット♪

 

リビングとキッチンが直接見えないL型レイアウト

一つなぎのLDKレイアウトですが、ダイニングを挟んだL型にすることで生活感を感じないリビング空間に。

 

【詳細ページ】⇒H様邸(設計:松原正明建築設計室)

 

・土間リビング

モダンテイストの土間リビング

写真家 中山保寛

さまざまな過ごし方ができる土間フロアをチョイスしたおしゃれなLDK空間です。勾配の付いた天井の一部を天然木にすることで、土間の冷たい印象を緩和してバランスを取っています。

 

大きな窓を両側に備える明るいリビング

写真家 中山保寛

左右の大きな窓は、室内でありながらお庭のような気持ち良さも感じさせてくれます。

 

土間リビングとフラットにつながるテラス

写真家 中山保寛

掃き出し窓をオープンすれば土間テラスとリビングがつながり、素敵なアウトドアリビングに。読書やお昼寝、ワンちゃんやお子さんの遊び場など、多目的に活用できるスペースです。

 

・中庭

平屋の中庭

写真家 後藤智揮

住まいの中心につくる中庭は、デザイン性・実用性ともに優れた間取りのひとつ。

中庭の周囲に部屋を配置することで、中心が暗くなりやすい平屋のデメリットを解消しています。

 

中庭から見たリビング

写真家 後藤智揮

視線が抜けることでお部屋の開放感がアップし、中庭もデザインの一部となっています。

 

ロの字型の落ち着いた中庭

写真家 後藤智揮

ロの字型の中庭は外部からの視線がないため、カーテンいらずなのも大きなメリット。コの字型の中庭でも、レイアウトに工夫すればプライベートな空間にすることができます。

 

【詳細ページ】⇒S様邸(設計:後藤組設計室 写真:後藤 智揮)

 

 

・吹き抜けの玄関ホール

吹き抜けの開放的な階段ホール

狭さが不満となることが多い玄関スペースに吹き抜けを組み合わせ、床面積以上の解放感を与えた間取りです。

 

スッキリした階段デザイン

シューズボックスからそのまま伸びる壁パネル、縦長の大きな窓など、高さを強調して広く見せるデザインです。

階段を壁で隠し、シンプルな直線で構成しているのもデザインのポイント。

 

【詳細ページ】⇒Y様邸(設計:赤桐雅子・西田雄一建築設計事務所)

 

 

・スキップフロア

おしゃれで使いやすいスキップフロア

高さの違うフロアを組み合わせることで、縦の空間を有効活用した間取りアイデアです。

上の中二階スペースはリビングと高さが変わることで、同じ空間に居ながらそれぞれの過ごし方ができます。下の扉付きスペースは大きな収納スペースになりますし、子供部屋、書斎などに転用することも可能。

 

【詳細ページ】⇒I様邸(設計:中村康造建築設計室 )

 

■素敵な間取りの考え方

勾配天井のリビング

 

・ベースとなるテイストを見つける

一見たくさんの要素が盛り込まれているように見える間取りデザインも、基本的には一つのテイストに統一されています。おしゃれな間取りをつくるには、好みのテイストを見つけるのが大切です。

内外装のベースとなるテイストにはたくさんの種類がありますが、難しく考えず「白でシンプルに統一したい」「無垢材の木目が好き」など大まかなイメージでOK。思いついたとき箇条書きにして、私たちプランナーにお伝えいただければイメージを形にしやすくなります。

 

・おしゃれだと感じた間取り写真を集める

繰り返しになりますが、良質な施工事例をたくさん見て好きな間取りを集めるのは大変効果的な取り組み方法です。ぱっと見の直感で「いいな」と感じたら、迷わずブックマークしておきましょう。

たくさん間取り写真が集まったら一度見直してみて、その中からさらに絞り込めばどんどん理想の住まいの形が見えてきます。今回ご紹介した以外にもたくさんの素敵な建築実績を公開していますので、こちらもぜひチェックして見てください。

【施工事例一覧】

 

・インテリアも含めてコーディネート

トータルコーディネートした木の家

間取りはテーブルやソファ、カーテンとの組み合わせも重要ですから、インテリアも含めてトータルコーディネートしましょう。

極端な例ですが、天然木のナチュラルテイストのお部屋に、ガラスやメタルのテーブルはちょっと似合いませんよね。床や柱と木目を合わせたテーブル、相性の良いカラーのカーテンと組み合わせると、お部屋の魅力がグッとアップします♪

間取りだけを考えるのではなく、家具・家電などそこに置くアイテムも含め、生活をリアルにシミュレーションしてみてください。

 

・長く暮らすことを考える

住まいは数十年スパンで暮らし続ける場所ですから、毎日眺めても飽きないようにデザインすることも重要です。テレビや雑誌で見るような派手な間取りデザインにしたら、数年で飽きてしまったというのは良く聞く失敗例。

デザインにこだわる場合も、普通の間取りにちょっとアクセントを加えるくらいがちょうど良いかもしれません。あまりたくさんの要素を盛り込みすぎず、シンプルでおしゃれな間取りを目指しましょう。

 

■東京・千葉の建築家探しは、かしの木建設にご相談ください

とびきりおしゃれな理想のマイホームを目指すなら、ぜひアイデア豊富な建築家との家づくりを検討してみてください。ここではご紹介しきれないたくさんの施工事例も掲載していますので、こちらもお時間のある時にどうぞ。

【施工事例一覧】

 

私たちかしの木建設は東京・千葉エリアを中心に、施工店の立場からお客様に合う建築家をご紹介しています。

一人ずつ建築家に会って探すのはなかなか大変ですが、私たちがお施主様の話を伺い、ピッタリなプロフェッショナルをご紹介します。設計・施工・アフターフォローまで私たちがしっかりサポートしますので、普通の注文住宅と同じ感覚で建てることができますよ。建築家の家づくりに興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

【建築家一覧】

【家づくりの進め方】