建築家とつくった旅館みたいな家|東京・千葉で旅行気分の家を建てる

旅館のような雰囲気の玄関

リラックスしつつも非日常感を味わえる旅館のような雰囲気、自宅で再現できたら素敵だと思いませんか?

今回は「旅館みたいな家」というテーマで、建築家とデザインした旅行気分を楽しめる注文住宅をご紹介します。

高級感のある雰囲気を演出する人気のデザインや間取り、旅館風のおしゃれな住まいを仕上げるコツも解説します。

素敵なおうち時間を過ごせるプレミアムなマイホームを目指すなら、ぜひ参考にしてみてください。

 


目次
■毎日が旅行気分のマイホームはいかが?
■建築家とつくった旅館みたいな注文住宅実例
■旅館みたいな家の人気デザイン&間取り
■旅館テイストの家をおしゃれに仕上げるコツ


 

■毎日が旅行気分のマイホームはいかが?

旅館のような中庭のあるLDK

写真家 後藤智揮

旅先で見かけた素敵な旅館の雰囲気、毎日自宅で眺めることができたら素敵ですよね。

高級旅館のようなデザインは敷居が高いイメージがありますが、戸建て住宅でも工夫次第で十分再現することができます。

上品な旅館デザインは、一日の終わりに優雅な時間を過ごせる理想のマイホームにピッタリ。

長い時間磨かれてきたテイストは流行に左右されないため、長く暮らしても飽きにくいのもこれからの住まいづくりに向いているポイントです。

 

■建築家とつくった旅館みたいな注文住宅実例

まずは建築家とのコラボでつくった、本物の旅館のような注文住宅をご紹介します。

 

事例①

平屋の広い庭

二つの建物をつないだような平屋建ての外観は、プライベート旅館のようなたたずまい。

広いお庭とバランスよく配置した下草やシンボルツリーも、高級感につながっています。

 

広縁のようなLDK

木の質感を全面的に活かした広縁のような間取りは、ぐるりと見渡せる大きな窓のおかげで明るく開放的な空間になりました。

 

土間タイルと薪ストーブのダイニング

薪ストーブと土間タイルのダイニングルームは、大きな窓でお庭を眺めながら食事を楽しめます。

 

旅館のような中庭の風景

コの字レイアウトの中庭も、本物の旅館のような雰囲気でトータルコーディネート。いつでも窓から素敵なお庭を眺めることができます。

 

【事例詳細】H様邸(設計:(有)堀部安嗣建築設計事務所)

 

 

事例②

高台の見晴らしが良い二階建て住宅

眺望の良い高台の二階建ては、玄関までの道のりも旅館のように楽しませてくれます。

 

大きなデッキと庭石がおしゃれな外観

ぐるりと回り込んだ濡れ縁と大きな正面デッキは、景色を眺めながら特別な時間を過ごすスペースにピッタリ♪

 

木の質感を活かした玄関スペース

木の質感を活かした高級感のある玄関も、開けた瞬間におもてなし気分を味わわせてくれます。

 

無垢材でコーディネートした景色の良いダイニングキッチン

大きな窓で景色を眺められるダイニングキッチンも、高級感のある無垢材でトータルコーディネート。

 

高級旅館のような和室内装

本物の旅館のような雰囲気のハイセンスな和室も設置。お客さんをおもてなししたり、たまに気分を変えて寝室にしたりするのも素敵ですね♪

 

【事例詳細】S様邸(設計:松本直子建築設計事務所)

 

■旅館みたいな家の人気デザイン&間取り

 

・畳の部屋

リビングとつながる畳の部屋

和風高級旅館の雰囲気を再現するなら、やはり畳のお部屋は欠かせませんよね。全室畳にするのは現代のライフスタイルだと難しいため、寝室やリビングの一部などに採用するのがおすすめです。

例えばリビングと隣接する和室をつくり、襖や障子で仕切れるようにしておけば食後に旅館気分でくつろぐことができます。大切なお客様を迎える客間や、洗濯物を畳むスペースなど、実用面でのメリットも大きい間取りです。

 

旅館のような雰囲気の和室

個室を一部屋使えるなら、素材やデザインに思い切りこだわって旅館の雰囲気を再現するのもおすすめ。ベッドではなく畳と布団で寝るスタイルなら、主寝室にして毎日旅館気分を楽しむのも良いですね。

 

・自然素材の空気感

自然素材たっぷりのLDK内装

畳や無垢フローリング、漆喰壁などの自然素材を使うと、旅館のお部屋に入ったときの空気感を再現できます。

加工されていない天然素材ならではの香りは、なんとも言えない癒しを与えてくれますよね。

自然素材には湿度を調整する機能やニオイを吸着する作用などもあるため、機械を使わずに気持ちの良い空気をキープしてくれるのも魅力。

やさしい触り心地と一つひとつ異なる木目も、高級感のある雰囲気づくりに役立ってくれます。

 

・眺望の良い大きな窓

大きな窓のダイニングキッチン

思い出に残るような素敵な旅館は、窓から気持ち良い景色が見えることが多いですよね。リビングやダイニングなどの広い空間に大きな窓を配置してあげると、グッと旅館っぽい雰囲気に仕上がります。

お庭の植栽や外構にもこだわり、窓の外もお部屋の一部としてコーディネートするとさらに素敵です♪

フェンスや生垣なども活用しながら、外からの目線が気にならないプライベート感も演出しましょう。

 

・プライベート感のある中庭

モミジを植えた中庭

人通りや車の往来が多い場所で大きな窓をつくりにくい場合は、完全に視線を遮れる中庭を設けるのも一つのアイデアです。

それほど大きくない中庭でも、視線が抜けてかなり開放感がアップします。坪庭のような雰囲気で旅館テイストにも非常にマッチし、モミジなどの植栽で四季の移り変わりも楽しめます。

都会の中の癒し空間を目指すなら、ぜひ積極的に活用してみてください。

 

・柔らかい間接照明

暖かい間接照明の畳スペース

壁や天井に光を反射させる間接照明は、高級感を演出できる人気のライティングテクニックです。本物の旅館でも、玄関や通路などさまざまな場所で間接照明を採用していることが多いですよね。

ダウンライトやブラケットライトなど、壁に反射させる間接的な照明もおすすめです。一つの照明器具で均一に照らすのではなく、空間に明暗を付けるのが高級感を出すコツです。

 

・コンパクトな平屋の間取り

庭が近い平屋のダイニング

離れの旅館のような雰囲気に仕上げやすい平屋も人気の間取りです。

フロアのどこからでもお庭を眺められるため、植木やライティングで旅館ライクに見せられるのも平屋ならでは。

二階の荷重がないため、上でご紹介した大きな窓や中庭をつくりやすいのも大きなメリットです。

お子さんが巣立ったあとのご夫婦2人暮らしなど、部屋数を抑えられる場合はぜひ平屋を検討してみてください。

 

■旅館テイストの家をおしゃれに仕上げるコツ

 

・生活感を見せない

生活感のない上品なリビング

一般住宅を旅館のように仕上げるには、生活感が見える部分を上手に隠すことが大切です。

ゴミ箱やコンセントに刺さったたくさんの充電器、掃除機や読みかけの新聞など、旅館のロビーやお部屋にはありませんよね。

生活感のないスッキリ空間にするため、収納をたっぷり作って不要なものが散らからない間取りを心がけましょう。

 

・床面を広く見せる

床面が広いリビング

ホテルライクな内装を目指すなら、テーブルや家具などの配置も同時に考えて床面を広く見せるようにしてください。

床が広く見えるとお部屋全体にゆとりが生まれ、優雅な雰囲気に仕上がります。

なるべく市販の収納家具などは置かず、造り付け収納に必要な物が収まるよう計画しましょう。

 

・開放感を演出する

大きな開放感の吹き抜けリビング

間取りの工夫で実際の床面積以上の開放感を演出できると、いつまでも居たくなる旅館のような空間になります。

ただお部屋の面積を広げるのではなく、明るいカラーで統一したり窓で視界を広げたり、ちょっとしたことの積み重ねがひろびろとした印象につながります。

勾配天井や吹き抜けなど、天井高をアップするのも効果的な方法です。

 

・内装と外観をトータルコーディネートする

伝統的なテイストで統一した旅館風の玄関

本物の旅館のような高級感をつくるには、お住まいの内外装全体に統一感を持たせることが大切です。

例えば伝統ある老舗旅館なら、入り口から通路、お部屋やお風呂まで、同じテイストでトータルコーディネートされているはず。

 

一戸建ても同じように、門扉から玄関、お部屋の隅々まで統一することでおもてなし感を演出できます。

気に入った旅館があるなら、私たち施工店に写真やパンフレットをお見せいただき、テイストを統一するのがおすすめです。本物のデザインを上手に取り入れましょう。

 

■まとめ:本物の旅館のようなマイホーム、建築家と考えてみませんか?

毎日旅行のような優雅な生活を楽しめる旅館テイストの住まいは、おうち時間が増えている現代のライフスタイルにピッタリです。

プレミアム感のあるマイホームを目指すなら、規格や建材の制限がない建築家との自由な家作りを考えてみませんか?

千葉に本社を構えるかしの木建設は、たくさんの注文住宅を手掛けてきたプロ目線でお客様にピッタリな建築家をご紹介しています。

わたしたちがイメージをお伺いして複数の建築家から厳選しますので、いきなり設計事務に相談に行くのは気が引けるという方もお気軽にご相談ください。

 

【建築家一覧】

 

東京・千葉エリアを中心に住まいづくりをお手伝いしていますので、首都圏での家づくりはおまかせください。

 

【施工事例一覧】

 

【施工エリアについて】