おしゃれな平屋の間取りは建築家とつくる|デザイナーズ平屋間取り実例【東京・千葉】

夕暮れ時のおしゃれな平屋外観

写真家 中山保寛

最近は老後を見据えた平屋住宅の人気が高まっていて、おしゃれなデザインや間取りの平屋も増えています。

ワンフロアで完結するバリアフリー生活は、老後の暮らしやすさだけでなく効率的な子育てや家事につながる点も人気の秘訣。

今回は建築家が設計したおしゃれなデザイナーズ平屋の間取りをピックアップして紹介します。

人気の高いおしゃれな間取りや、レイアウトで注意すべきポイントなども解説しますので、参考にしてください。

 


目次
■実は難しい平屋のデザインと間取り
■建築家デザインのおしゃれな平屋注文住宅実例
■おしゃれな平屋におすすめの間取りやデザイン
■平屋の間取りづくりで注意すべきポイント


 

■実は難しい平屋のデザインと間取り

平屋の掃き出し窓

老後を過ごす夫婦2人の住まいから、これから子育てする家族の住まいまで、最近は幅広い世代の方に平屋の間取りが人気です。

しかし二階がない平屋は間取りやデザインの設計難易度が高く、なんとなく建てて後悔してしまう方も少なくありません。

シルエットが小さい平屋は、ただシンプルに建てると「つまらない」デザインになりがちです。端から端までの移動距離も長くなるので、水回りをうまく配置しないと家事動線が伸びてしまうケースも。

そこでおすすめするのが、設計力が高く間取りアイデアも豊富な建築家との家づくり。

家族構成やライフスタイルにピッタリ合った間取りなら、効率的でおしゃれな生活を送ることができます。

材料の規格に縛られない自由なプラン作りで、理想の平屋デザイン&間取りを考えてみませんか?

 

■建築家デザインのおしゃれな平屋注文住宅実例

さっそく、建築家や設計事務所と一緒につくった、おしゃれな平屋の間取りデザインを見ていきましょう。

 

事例①

片流れ屋根の平屋外観

片流れの屋根を組み合わせたコの字型レイアウトは、平屋の隅々まで光と風を届けるアイデアです。

グレーのカラーリングともマッチして、スタイリッシュなイメージに仕上がっています。

 

梁見せの平屋LDK間取り

庭に面した大きな窓からは、たっぷりと自然光が入りおしゃれな空間になっています。

屋根形状を活かした勾配天井で解放感をアップし、あらわした梁がアクセントとして活躍♪

 

【事例詳細】H様邸(設計:松原正明建築設計室)

 

 

事例②

モルタル外壁のカッコいい平屋外観

写真家 中山保寛

モルタル壁とフラットな屋根のシルエットが、モダンでスタイリッシュなイメージをつくっています。ウッドフェンスとシンボルツリーでナチュラル感もプラスし、無機質なイメージとバランスを取っています。

 

勾配屋根の平屋LDK

写真家 中山保寛

左右を大きな開口にして外とつながるイメージにしたリビングは、明るく大きな開放感のある空間に。

 

【事例詳細】H様邸(設計:奥野公章建築設計室 写真:中山保寛)

 

 

事例③

おしゃれな平屋の外観

屋根形状にインパクトがある、オリジナリティあふれる外観の平屋住宅です。

 

高い勾配天井の平屋LDK

高い屋根を活かした開放的なLDK空間は、設計事務所デザインならではの素敵なお部屋に仕上がりました。

 

【事例詳細】E様邸(設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE(株))

 

 

■おしゃれな平屋におすすめの間取りやデザイン

 

 

・中庭

平屋の中庭間取り

写真家 後藤智揮

光が届きにくい平屋の中心にたっぷり自然光を届けてくれる中庭は、デザイン性も高いおしゃれな間取りです。

中庭は外部からの目線を気にせずカーテンなしで暮らせるため、お部屋の開放感がアップするのもおしゃれポイント♪

シンボルツリーやお花などを植えれば、四季の移り変わりをいつでも楽しめるのも素敵です。

完全にふさぐロの字型や一方向空けるコの字型など、間取りや土地の状況に合わせていろいろなバリエーションを考えてみましょう。

 

・庭とつながる間取り

庭とつながるリビングの掃き出し窓

写真家 中山保寛

ワンフロアの平屋間取りは、お庭とのつながりを持たせると開放感のあるおしゃれな雰囲気をつくりやすいです。

上の写真のようにリビングとつながる広いテラスがあれば、天気の良い日はアウトドアリビングとして過ごせます。

寝室の前に花壇をつくって、朝日とともにお花や植物の成長を眺めるのも素敵ですね♪

お庭へのアクセスしやすさと眺望は平屋ならではの特徴ですので、上手にデザインに活かしてみましょう。

 

・高い天井のリビング

高い勾配天井の平屋内装

二階の床がない平屋は、屋根までの高い天井空間をつくれるのも特徴です。

屋根の形を活かした勾配天井は大きな開放感を得られるとともに、デザインバリエーションが豊富なためおしゃれに仕上げやすいのもうれしいポイント♪

上の写真のように、屋根の骨組みを見せたり、梁をあらわしたりするのもおしゃれですね。

 

・大開口の窓

大開口のリビング掃き出し窓

平屋は二階の荷重がかからないため、構造的に大きな窓をつくりやすいのもデザイン面で有利なポイント。

幅と高さを大きく取った大開口の窓は、実際の面積以上にお部屋を広く、おしゃれに見せてくれます。

最近は断熱性能の高いペアガラスが標準的ですから、大きな窓でも寒さの心配は昔ほどありません。

外観のおしゃれなアクセントにもなりますので、積極的に検討してみましょう。

 

・シンプルなカラーリング

シンプルな内装のリビング

ワンフロアで生活が完結する平屋は、雑多な印象が出ると狭さや息苦しさを感じてしまうことも少なくありません。内装はシンプルなカラーリングで、広くおしゃれに見せるのがおすすめです。

ホワイトやベージュなどの膨張色をベースに、フローリングや建具のカラーを統一するとスッキリおしゃれに見えます。

あまりカラーを増やさず、間取りや窓の配置でおしゃれに仕上げるようにしましょう。

 

 

■平屋の間取りづくりで注意すべきポイントおしゃれな平屋の間取り

 

・家事動線

平屋は平面の移動距離が長くなりやすいため、炊事・洗濯をするときの家事動線に要注意です。

例えば洗濯機置き場と物干し場が家の両端にあると、洗濯物を持って移動する距離が長くなり家事効率が低下します。玄関とキッチンが遠いと、買い物帰りに荷物をしまうのが大変ですよね。

家事動線を考えるときは、実際の生活シーンを細かくシミュレーションしてみましょう。朝の支度やお料理、洗濯やお掃除など複数の家事を効率良くこなせる配置を考えてみてください。

 

・収納量

すべての生活空間をワンフロアにまとめる平屋は、収納の配置が難しいことも多いです。

居住空間と収納量のバランスは難しいところですが、なるべく多めの収納を設けるようにしましょう。

平屋の場合屋根裏空間を活用しやすいので、ストーブや扇風機といった出し入れ頻度の低いアイテムは、屋根裏にしまうのもおすすめ。本来デッドスペースになる部分を活用して、上手に収納量をアップしましょう。

 

・窓から遠い部屋の採光・彩風

平屋は広くなるほど、中心部が窓から遠ざかり風通しや日当たりが悪くなります。

日当たりの悪い部屋はジメジメしてカビやダニの温床になり、薄暗いイメージでおしゃれに見えません。

どうしても窓が少なくなってしまうお部屋がある場合、おすすめ間取りでも紹介した中庭を検討してみましょう。平屋中心部の採光と彩風を一気に解消してくれる、理想的な間取りアイデアです。

中庭が難しい場合は、天窓(トップライト)で自然光を採り入れるのも効果的です。天窓は壁面窓の約3倍の採光性能が期待できるため、一つつけるだけでもかなり明るいお部屋が作れます。

 

・防犯

すべてのお部屋が一階にある平屋は、空き巣被害などの防犯面にも注意しなければいけません。

特に出張や旅行などで家を空ける期間がある場合、窓を破られないように対策が必要です。雨戸・シャッター・面格子など、空き巣に狙われないような設備を検討しましょう。デザイン的雨戸やシャッターをつけたくない場合は、簡単に割れない防犯ガラスを検討するのもおすすめです。

 

・日当たり/周辺環境

背の低い平屋は、周囲に高い建物があると日当たり面で大きな影響を受けるため要注意です。南側の家が近いと、お庭やリビングが一日中薄暗く残念なイメージになってしまうケースも。バルコニーがないため、洗濯物を乾かすのも難しくなってしまいます。

平屋を建てるなら、なるべく市街地を避けて広い土地を選ぶのがおすすめです。余裕のある土地なら外構やお庭づくりにもこだわれるため、外観とトータルコーディネートしておしゃれに仕上げられるのもメリット♪

平屋用の土地を探すときは価格や土地の形だけでなく、日照と周辺環境にも注目してみましょう。

 

・土地と建物の費用バランス

平屋は2階建てより広い土地が必要になるため、土地購入費用と建物費用のバランスにも注意が必要です。土地にお金をかけすぎると、建物の予算が足りなくなって色々あきらめることになりかねません。

新たに土地を購入して平屋を建てる場合は、なるべく土地探しと建物プランを並行して進めるのがおすすめです。私たち施工店がプロ目線で土地選びをアドバイスすることで、平屋に向いていない土地を回避することもできます。

 

■まとめ:おしゃれな平屋の建築家探しは、かしの木建設にご相談ください

住宅寿命が伸びて老後まで見据えた家づくりが求められる現代では、デザイン・住み心地ともに優秀な平屋もおすすめの選択肢です。

理想の平屋を追求するなら、自由なデザインと間取りづくりが可能な建築家や設計事務所がおすすめ。

私たちかしの木建設は東京・千葉エリアを中心に、理想のデザインにぴったりな建築家をご紹介しています。

実際の施工を担当するプロの目線から、お客様のご要望やデザインイメージを得意とする建築家をマッチングしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

【建築家一覧】

【家づくりの進め方】

 

【施工事例一覧】

 

 

【関連コラム】平屋は建築家と建てた方が良い理由